2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.12 (Sat)

【読書感想】嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(入間人間/電撃文庫)

みーくんの嘘つき!

という訳なんですけども、この本はとても西尾維新ぽいです。
文の書き方が似てますね。内容は巷で言われてるほど似てないと思う。
まぁまだ完結していないストーリーだからなんともですけどね。


■■1巻 幸せの背景は不幸■■
常にみーくん視点で語られる本作品。うっかりしてると置いてかれます。
僕は眠い目こすりながら読んでいたんですけど、すっかり後半置いてかれました。
さすがみーくん。と言った感じ。僕が頭悪いだけかもしれませんけど。

###########################################
#だから明日、覚えてみれば質問してみよう。
#何で、あの子達を誘拐したんですか。
###########################################

ってことで誘拐がキーになってるミステリ物。サブタイは『幸せの背景は不幸』。
内容はかなりぶっ飛んでるんだけど、それについていければ楽しく読み進められる。
軽いノリで壊れてる。でも壊れてても幸せ。とっても不幸だけど、まぁいっか。
みたいな。


■■2巻 善意の指針は悪意■■
2巻イマイチ。

ということで↑のままな感想。
新たに明らかになったこととか興味深くはあったけど。

入間さんのあとがき通りで、続編って言われて戸惑いましたって作品だと思う。
確かにみーくんとまーちゃんの話ではあるんだけど、外伝っていうかね。
この話を2巻にもってくる必要あったのかなぁ。
続編に効く感じだとは思うけどもね。

###########################################
#とーるは臆病者で、
#みーくんが卑怯者なんだよ。
###########################################

じゃあ、主人公は一体何に分類させるんだろう。
※主人公は『とーる』と呼ばれたり『みーくん』と呼ばれたりそうでなかったり忙しい。


■■3巻 死の礎は生■■
1巻の勢いが復活することはないのかなぁ。

################################################################################
#うつ病に苛まれて、突発的な自殺がしづらい環境を求めてとか、
#周囲の差別と偏見につぶされてとか、家族や友人の心配する態度に耐えられなくてとか、
#理由は千差万別だけど、結局は現状を悪化させない為に、入院する人が多い。
#実際問題、閉鎖された環境でいくら過ごそうとも、社会復帰するために回復は困難だ。
#病院には、攻撃してくる人間が少ないからな。その環境に適応してコミュニケーションが
#循環になっても、実社会に出る能力が身についたわけじゃないんだ。
#だから、退院して暫くすると再入院する人も多い。時間が直せるのは心の傷であって、
#ズレじゃない証拠だ。
################################################################################

↑の入院ってなんですると思う?語りは「なるほど」と思ったけどそれくらい。
謎解きではないんだよね。別に謎解き好きじゃないしいいんだけど。
路線がイマイチわかんないぁ~掴めない。

壊れっぷりが凄まじい本書。「にもうと」がでてきて大混乱。
「あにーちゃん」ってのはいいね。素晴らしい呼び方だなぁと思った。
妹が登場したことで、嘘つきみーくんの軸がぶれる。
嘘を突き通せなくなったとき、みーくんはどうなるんだろう。
まーちゃんを世界で一番××していられるんだろうか。


■■総評■■
まーちゃんが可愛い。

#####################################
#そこだけ切って、楽ちんに痩せるのだ!
#####################################

とかね。脅威のダイエット方法を披露しそうになるところとか可愛くて仕方がない。
でも身近にこういう人がいて欲しいとは思わない。誰しもがそうだと思うけど。

けどラブコメ作品ではないのだし、それだけで押していくわけにもいかないよね。
もう少し面白くなって欲しい。もっともっと変化をつけてしまっていいと思う。
一巻の勢いカムバック!

とりあえず続きがあるらしいので、楽しみに待ちます。

    
スポンサーサイト
EDIT  |  06:11  |  読書感想  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

■本の話
片山憲太郎 著がお気に入りの私が通りますよ。
Hisa |  2008.01.13(日) 02:17 |  URL |  【コメント編集】
■■Hisaさん■■
紅が気にはなるものの漫画/アニメ/小説で揺れてる僕がお迎えします。
原作が一番いいのは分かっているのに・・・(ノД`)
ショーリ |  2008.01.13(日) 06:36 |  URL |  【コメント編集】
電波的な彼女 もなかなかっす。
Hisa |  2008.01.14(月) 13:28 |  URL |  【コメント編集】
■■Hisaさん■■
そっちは全然しらなかった・・。

>>同作者の同世界内別作品

読むならどっちも読むしかないッスね(´ω`)b
ショーリ |  2008.01.16(水) 11:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。